コラム|株式譲渡か事業譲渡か

「M&Aで売却」と聞くと、会社の全てを譲渡、つまり株式100%の譲渡をイメージが強いですが、事業承継には多様な手法があります。

そのなかでもよく利用されるのが「事業譲渡」。

特定の事業部門のみを会社と切り離し譲渡する方法です。

 

事業A、B、Cを複合的に営んでいる企業において、事業Cに帰属する資産、負債、従業員、取引先を特定し、売手は買手へ譲り渡し、買手はその対価を会社へ支払うことが一般的です。

これにより、売手は「選択と集中」を進展させることができ、買手は買収目的に合致している部分のみを効率的に買収することが可能になります。

また、売手企業の法人にかかる簿外債務(例えば、顧客への長期保証債務、瑕疵担保責任など)や偶発債務を切り離すことができ、買手も安心して買収することが可能になります。

但し、株式譲渡と比べ手続きが煩雑になるなどのデメリットもございます。詳しくは弊社コンサルタントまでお気軽にお問い合わせください。