19日 6月 2020
M&Aにおいて、売る側も、買う側も「いくら」っていうが重要な事項です。 企業価値を測るとき、数値化された決算書から測定することが多いですが、その際の注意点を2つ挙げます。 決算書には資産が計上されており、この資産が企業価値に直接的なインパクトを受けます。 が、しかし・・・決算書には「合理的に測定できるもの」しか計上されていません。...
11日 6月 2020
企業の経営環境は2つの視点から分析されます。 ひとつは内部環境。平たく言うと社内の状況で、人材、組織体制、製造設備、財政状態などです。 もうひとつは外部環境。事業を取り巻く環境とも言われ、国内外の経済状況、競合他社の状況などです。 (会社と社会。漢字を入れ替えると、内部と外部になります。)...
24日 4月 2020
新型コロナウィルスの感染予防対策により、全世界で企業活動の自粛、低迷が続いています。 ニューヨーク、ロンドン、パリなどの主要都市でロックダウン(都市封鎖)ともなっており、2ヶ月前にはこれほど感染拡大が進むとは予想していませんでした。 感染拡大となった理由は、...
11日 4月 2020
新型コロナウイルス感染症対策として、愛知県においても緊急事態宣言が発令されました。 当社においてはお電話でのご相談時間の一時短縮を下記の通り、実施させていただきます。 【営業時間】平日10:00~16:00 ご不便ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。...
28日 3月 2020
買い手を探しています。 業種:太陽光発電の販売設置(及びECによる商材販売) 事業エリア:岐阜、愛知、三重 従業員数:10名未満 年商:2~3億円 実質営業利益:3,000万円 時価純資産:3,500万円 譲渡価格:1億2,500万円 譲渡理由:選択と集中(アジアにおける人材事業に集中 ベトナムにて学校設立中) 東海地方にて太陽光発電システムの販売設置を行っている...
05日 3月 2020
当社が得意とする分野の一つが「不動産M&A」 例えば、 ・収益不動産の運用のみを行う株式会社 ・本業が低迷し、結果として本社や工場、遊休地のみを保有している株式会社(昨今、多いです) を、不動産の売買ではなく、この企業の株式売買方式で行うことを「不動産M&A」と呼びます。 一般的には、...
28日 1月 2020
中小企業は、一般的にはオーナーが1人で100%の株式を所有し、なお且つ代表者として経営することが多いです 「所有と経営の分離」はありません ただ稀に、親族外の複数の株主がいる会社もあります。 その出資目的も多様です ・商取引を行っておりその拡大を期待して出資 ・成長&キャピタルゲインを期待し資本だけいれ日常の経営には口を出さない...
21日 1月 2020
M&Aにより、中小企業の株式が流動化(売買が活発になること)が進むと、企業の新陳代謝が進み新しい商品サービスの開発、新しい取引先なども生まれていくことでしょう。 では、実際に売りやすい会社ってどんな組織体制なんでしょうか。売りやすい=買いやすいという視点でも見ることができます。...
27日 11月 2019
一言にM&Aって言うと響きが良く、まるで金融商品へ投資するかのようなスマートなイメージがあります。 現実としては、買収後に統合のための業務もありますし、人材、販路などの経営資源の連携を図り、事業シナジーを生み出して行く必要があります。PMIと呼ばれるこの作業を疎かににしてしまうと、M&Aで1+1=1.9<2という結果にもなります。...
18日 10月 2019
一般的に、 ①純資産+②のれん=株式の価値 となります。 ①純資産とは・・・ 純資産そのもののが実態のあるものではありません!「純資産を見せてください」といっても物理的に存在しません。 その企業がもつ、全部の資産(現預金、売掛金、固定資産など)から、全部の負債(借入金、未払金など)を差し引いて「算出」 たものが純資産です。...

さらに表示する